FC2ブログ

相談者さんのカウンセリング体験談

小さい頃のいじめのせいか人に自分の事を話すのが苦手で、以前にカウンセリングを受けたのですが、合わないと思い今まで避けていました。
社会人になり心身ともに体調を崩す事が増え、これではいけないと思い、公的機関にある臨床心理士の相談コーナーを利用した時にこちらのカウンセリングルームを紹介され、こちらのカウンセリングを継続的に使ってみようと思いました。
1度カウンセリングを受け、悪い夢を見なくなったので眠れるようになった事や、すごく悲しい気持ちに襲われる事が少なくなりました。
自分にトラウマがあるなんて、ここのカウンセリングを受けるまで気づきもしませんでした。
ネガティヴな人間だなとは思っていましたが、トラウマを克服すれば前向きになれるかもしれないと思えるようになりました。

スポンサーサイト

時が相談者さんからうれしいお便りを運んできました。

ご紹介しますね。




私がこちらのカウンセリングルームにお世話になったのはある日突然、

精神的に不安定になってしまい、誰かに相談しようにも

自分でも自分がおかしいと思っていたので

もう専門の方に相談するしかないと思っていたところ、

インターネットでこちらのカウンセリングルームのことをたまたま知りました。


いざ相談してみるととても話しやすく、

良い意味であまり「先生」という感じではありませんでした。

半分くらい日常会話のようなやりとり の中で

自分でもわかっていなかった自分のことをたくさん気が付きました。


一回のカウンセリングで一気に良くなったわけではありませんが、

少しずつ心も安定してきて、今は元通りの生活に戻っています。

そんな僕も結婚して今度一児の父になります。

こころさんとは、まだ時々「元気にやってます」とか、お便りをかわしながら頑張っています。


この方は、特に絵画療法など行うことなく、言葉によるカウンセリングのみで一回で終了しました。人というものはいろいろなことにたいして思い込みをもっています。それに対してこんな見方もあるよというのをお伝えしたカウンセリングでした。あとは、自力で乗り越えていかれました。

うつの始まりの典型的な1パターンを書いてみました
以下のようなことがあると皆さんもうつの可能性があるかもしれないので、病院を受診してみてください

参考までにうつ病診断チェックはこちらです

うつ病診断チェック


睡眠も十分とれていないのに

将来へのあせりと不安でいっぱいで

今の自分なんかみんなと同じことが何もできていないと決めつけて

あなたはうつのはじまりの真っただ中

自分は周りと比べてだめなんだ、だめなんだとくりかえします

あれだけのことがあったのに

たいしたことがないのに

さも大変そうなことが降りかかったように

自分は言うんだと

自分のこといじめます

頑張って頑張って生きているのに

自分は頑張りの足りない人間だと決めつけます

頑固な気持ち

頑固な思考

思い込みいっぱいのあなたと格闘すること30分

あなたは、病院に行く必要があること

もしかしたら服薬の必要があることを

受け入れてくれました

自分の脳がうつになっているかもしれないんだと

仕方がないなと受け入れてくれました

薬は嫌だけど

もしかして必要かもと受け入れてくれました

少し脳の休息が必要だと理解できました

少しほっとできた私でした



相談者さんの体験談の続きです。カウンセリングを受けてみようかと考えている方は参考にしてくださいね。


カウンセリングの体験談②

「過去の経験から心が塞ぎがちになってしまったり、夜眠れなくなったり体調が悪くなってしまう事も多くありました。人と関わること
が難しいことがたびたびありました。

しかし、こちらのカウンセリングに通い始めて精神的にも安定してきて、体調も良くなってきました。人との関わりはまだまだです
が、悩むたびに相談にのってもらって乗り越えています。

今までいくつもの相談機関に通ってきましたが、何も効果はありませんでした。

もっと早くから先生と出会ってカウンセリングに通っていれば…と思うばかりです。」

20代後半の女性です。いろいろなことをあきらめて生きてこられました。ずいぶんよくなられて、いろいろなことを始めることができるようになっています。

相談機関を選ぶ際は最低3か所は回るようにして、あなたと相性のいいカウンセラー、あなたに合う技法に出会うまであきらめない

でください。

私のトラウマ治療法は短時間で終わり、相談者さんにとって行うことが簡単なものです。

トラウマ治療の方法についてはこちらを参考にしてください。

私のトラウマ療法
私のトラウマ治療「描画表出療法」

トラウマケアの重要性についてはこちらを参考にしてください。NHKクローズアップ現代にもその必要性は取り上げられています。
トラウマケアの重要性

今日は私のカウンセリングルームでカウンセリングを受けられた方の体験談を紹介いたします。いくつかこれまでいただいてるので少しづつ紹介させてください。

今日は20代女性からの感想です。

相談者体験談

仕事がなかなか決まらず、過去に長期にわたるいじめを受け、自分なんか社会に必要されていないととても自暴自棄なところがありました。それは、心にも身体にも影響が出ていました。
こちらでのカウンセリングを受けるようになり、自分のことが少し大事に思えるようになり、前向きになれました。そして仕事に就くことができました。
しかし、そこの職場は労働環境がだんだん悪くなってきました。人手不足による過重労働です。また、だんだん眠れなくもなり、職場に行くのに吐き気などしてだんだん無理になってきて、以前ほどではなかったですが、自分をだめだと思い、睡眠もきちんととれなくなってきました。
カウンセリングでお話ししたり、主に絵画療法をすることにより、心身のストレスが毎回とれ、体内のモヤモヤが晴れ、すっきりとした気分で次に進めるようになりました。過去のいじめのトラウマも随分解消され、以前ほど自分を嫌いではなくなりました。
今、前職を辞める判断もでき、次の新しい仕事にのぞんでいます。以前は自分を全く好きでなかったのですが、少しずつ昔のように好きになれてきてうれしいです。

こんな感想いただきうれしいです。私のトラウマ治療は良い変化が早期に起こるのが特徴的です。この方は私のカウンセリングを2か月9回受けられました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。