癒された体験を思い出すと癒されるって当たり前のことですね

これがカウンセリングでは集中的に起こります

家族との言い争いでとても辛い思いになったとき

風邪で熱が出るなど具合が悪くなったとき

自動車の運転や人前ですごく緊張してしまうとき

不安や恐怖のさなかにいるとき

カウンセリング場面を思い出すと心が楽になる

カウンセラーの言ったことを思い出すと心が晴れる

カウンセリングでのワークを思い出すとつらいことを忘れる

それを意識してやると

思い出すと

心が楽になることが促進されます

回復するのに次のカウンセリングまで待つしかなかった

風邪をこじらせて回復するのに何か月もかかった

緊張してだめだった

そんな体験が

カウンセリングが進んでくると

カウンセリングを受けた体験を思い出すことで

より早く解決します

いやなトラウマ体験を思い出すと

眠れなかったり

変な汗かいたり

心がふさぐでしょう

不安や恐怖やあせりに押しつぶされそうになるでしょう

それと反対のことが起こるのです

当たり前のことですが

なかなか日常生活を送っている中では難しいことです

カウンセリングを受けていると

そういうことがたびたび起こるようになって不思議な気持ちを覚えるでしょう

それはカウンセリングの効果でもあるんです


私の個人的なブログはこちらです。

相談者の方がたにお会いして面接して感じたこと、思い、願いを守秘義務に反しないように想像の翼を広げて書いたり、
いろいろなセラピーについて書いたり、趣味の映画のことなど書いています。

よかったらのぞいてみてください。

臨床心理士のうたたね日記

スポンサーサイト

カウンセリングルームは2部屋あります。ひとつはほとんど使いませんが普通の落ち着いた感じの応接セットが置いてある家族面接用の部屋です。今日はいつも使うルームについてご紹介しましょう。

部屋の大きさは7畳。壁紙は布調の白です。普通の面接室に較べて絵を描いたりするのでこちらはカジュアル感が強いと思います。
IMG_20170324_174714_2_convert_20170324175057.jpg

机は正方形のダイニングテーブルと椅子が二脚あったのでそれを利用しました。このテーブルのような生成の色にほかの本棚などの家具もそろえています。カーテンはレースは白。布はクリームイエローです。このテーブルを中心として全体にやわらかい刺激になるように統一しました。ここは、窓際で昼間だと光が入ってきて心地よいスペースです。先ほどの画像朝撮ったものですが肝心なものがうつっていませんでした。今撮り直したのに変えました。この緑のもの、何だと思います?ティシュケース入れなんです。これは、カウンセリングでは必須です。今は悲しい涙より花粉症のために。このデザインは良かったのかな?疑問です。

ほかの機関のカウンセリングルームも似たような色調のところもありますし、全部白で統一したところや、茶色のをメインにした落ち着いた感じにしているところもあります。自分の趣味がどうのというより、まず相談者さんがあくまで安心していられる視点に立って、安心できる居場所としてのカウンセリングルームを考えます。椅子の位置や座った時の相談者さんとの距離にも気を使います。遠すぎても話しづらいでしょうし、近すぎても緊張します。外勤では場所が狭いので相談者さんの左位置にカウンセラーの椅子を配置してもらっています。相談者さんの左位置も相談者さんが安心できる位置です。

IMG_20170324_085028_2_convert_20170324160307.jpg
これは、インテリアとして購入したもの。壁一面に本棚があるのですが、全部本だと情報がわんさかという感じでうるさくなってしまうと思ったので、本はかなり少なくして(私が趣味に走ると絵本が多くなってきます)緑、淡い黄色、白い花やクッションなどを購入したり、自分で作ってみたりすることが多いです。緑は癒しの色とい一般に言われています。心療内科や無料相談機関の案内も緑が多いですね。それとは別に私の中では古典といもいえる分裂病の少女の手記の主人公ルネがセラピーのため、緑の部屋で癒されたというのが鮮烈な記憶で残っているために緑のものをついつい購入してしまうことが多いです。この2つは、後で紹介する時計とともにお気に入りです。

IMG_20170324_084823_2_convert_20170324162204.jpg
面接の時間管理が私は下手なんです。ついつい話が盛り上がってというところがあって...次の相談者さんが来てしてまう。いろいろ考えてこの時計を相談者さんの左後ろぐらいに置くようにしました。その位置だと相談者さんに気づかれず、時計を見て時間配分ができるのです。
この部屋の雰囲気が遊戯療法の部屋のような雰囲気なのを頑張って治療枠を作ってくれる役割をしてくれています。頂き物です。

IMG_20170324_163155_2_convert_20170324163715.jpg
これが机と反対の床でやる絵画療法のセットです。新聞紙とクレヨンと。描いた後切りたい人ははさみ。このスペースで話しながらストレッチをする人もいます。この新聞紙を挟んで両側に座ります。もうここでは正座をする人はいません。ときにあぐら。よしやるぞという感じです。治療的には遊びの要素が入ってきます。もちろん自分の問題を扱うので真剣です。自由に描き、思う存分に自己表現することで、心に溜まったわだかまりを吐き出してもらい、トラウマを癒していくのです。ここは、そのためのスペースです。


いろいろな治療的観点からカウンセリングルームという場所は考えていかなくてはなりません。床はクレヨンがつくことが多いので拭き掃除は欠かせません。今日はもう少し片づけて物を整理しましょう。



私のブログはこちらです。

相談者の方がたにお会いして面接して感じたこと、思い、願いを守秘義務に反しないように想像の翼を広げて書いたり、
いろいろなセラピーについて書いたり、趣味の映画のことなど書いています。

よかったらのぞいてみてください。

臨床心理士のうたたね日記

これまで同じようなご質問が何度かあったので今日はそれを記事にしてみました。

病院にかかろう、相談機関にかかろうというときは、当たり前ですが具合が悪いです。そのため冷静な判断ができません。いきなり病院に飛び込んで「予約なしではだめですよ」と断られ、途方に暮れることもあります。そのためにもまずは問い合わせの電話をしましょう。受付の人が細かいこと、必要なことを教えてくれます。


最初相談機関にかかるときは、たいていの場合予約が必要です。内科などと同様に心療内科や精神科で飛び込みでも大丈夫な病院もあります。ただ、そういうところは待ち時間が何時間もかかる場合があります。必ず、予約が必要かどうか、当日OKでも待ち時間が長くてという気持ちになることもあるので前もって電話して確かめていきましょう。最近は自分が発達障害かどうか疑って自ら検査を受けてみようという人も増えてきました。その場合も発達障害に対応している病院かどうかきちんと確かめる必要があるのでまず電話です。相談機関も病院にかかってる方はかかれないなど制限があるところがあります。確かめていきましょう。


初回の面接は「インテーク面接」と言います。

そこの機関での対応が可能かどうか判断をするためです。
相談者さんもその機関が自分に合うかどうかご自分の心で確かめてください。心でというのは、理屈でなんかいいところかあってるところか判断はなかなかできないからです。心がまた行ってみようと思えたら、少しほっとできた、楽になったと感じたらあなたに合っている機関の可能性が高いでしょう。

初回の面接では、抱えている問題や症状、これまでの経緯などを話す必要があります。
具体的な内容としては、今困っていて訴えたいこと・年齢・性別・生い立ち・今抱えている病気・家族歴・どうして来談されたかなど聞かれます。

あなたが困っていること、これまでの経過などメモしておくとこれを言い忘れた!ということがなくていいです。初回は特に緊張もしていますから。

前もって調査票のようなものが送られてきて、あなたの困っていることを書いてくださいなど機関から前もって言ってくることも多いです。

相談される側にとっては情報収集を行うことともに、相談者さんとの関係作りが重要と考えられています。それがうまくできないと相談機関に行ったけどただ質問されただけだった、紋切り型の受け答えをされたなどの感想になってしまうことがあります。
対応可能な時は、 その機関でできることや限界をきちんと説明し、相談者さんが納得できること信頼関係を築いていくこと、治療や相談をしようということへの動機付けへとつながります。

追記
病院にかかろうとする人が混乱している場合、家族や第3者が病院に付き添ってあげる、家族や第3者が代わりに予約してあげることが大事な命を守るためにも必要になることがあります。
私の場合は代わりに外部機関に相談者さんの様子を説明し、私が見守りながら本人に電話予約ををしてもらうことが多いです。

(まだ答えが不十分かもしれません。その時はどうぞコメントなりで質問してください。)


私のブログはこちらです。

相談者の方がたにお会いして面接して感じたこと、思い、願いを守秘義務に反しないように想像の翼を広げて書いたり、
いろいろなセラピーについて書いたり、趣味の映画のことなど書いています。

よかったらのぞいてみてください。

こちらです臨床心理士のうたたね日記



相談者の方がたにお会いして面接して感じたこと、思い、願いを守秘義務に反しないように想像の翼を広げて書いたり、
いろいろなセラピーについて書いたり、趣味の映画のことなど書いています。

よかったらのぞいてみてください。

こちらです臨床心理士のうたたね日記

電話相談受け付けます

・9月26日月曜日   13時から19時まで。
・ 予約制です。
・一回のみ時間は30分です。無料です。
・こちらのカウンセリングルームにつなぐということが主な目的ではありません。
・カウンセリングとはどんなものか あなたの困っていることにどんな治療法が考えられるか どんな無料機関・公的機関があるか 多くのみなさんに情報をお伝えしたくて知ってもらいたくて試みてみます。

予約はメールアドレスにてお願いします。
 こちらです→mayu115mayu105@gmail.com                                    

                                               
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。